介護職の私の腰痛対策(気をつけたいこと)

パート介護士 ながせ
adsense


腰痛・・・介護職に限らず悩まされている方は多いですね。

私の場合、年に一度、春に多いのですが、きつめの腰痛に襲われます。

それ以外はストレッチすると感じる違和感くらいでしょうか。

この違和感を感じるようになってから自分なりに対策を講じるようになりました。

一つ目の対策は根回し

うわーー😱

なんだか嫌な言葉

根回し!

それは、1日の仕事が私にとっての負担ワークのオンパレードにならないように、シフトを割り振る社員にお願いすることです。

それって、ずるくない?

まずは、トントンハウスの現状から。👇


トントンハウスのウータン君

彼は手術の必要性もある深刻な状態ですが、薬でごまかしています。

この状態が長く、介護職に避けては通れない仕事

入浴介助

ができません。

というか、周りが気を使ってその仕事を回さないようにしています。

入浴介助のあとは高い確率で早退してしまうからです。

本人は、

「やるよ。大丈夫。」

と言っているらしいのですが・・・・

トントンハウスでもう一つ腰が痛くなる仕事があるのです。

それは、

シーツ交換

これも周りが気を使って、回さないようにしています。

腰痛のためにできない仕事があると、

かなり周りのスタッフへの負担が大きくなります。

2大 腰 負担ワーク😎😎😎

体調不良はお互い様なのですが、ずっとできないという状況には疑問を感じています。

手術で治せるものなら治した方がいいのではないでしょうか?


調理担当のスタッフ Aさん

Aさんも腰痛があるようで、いつもサポーターをしています。

トントンハウスに入るときにどういう契約だったのか知りませんが、介護職の時給をもらっていても、調理しかしないAさんをよく思っていないスタッフは多いです。

実際、

「私は、腰が痛いから、入浴介助、トイレ介助、全部無理。」

と言っているのを聞いたことがあります。

Aさんより安い時給で、なんでも頑張っているスタッフはいるので、いい気持ちはしないでしょう。

こんな風に、ずっと腰が痛い状況は、人間関係も悪くしてしまいます。

ここに登場した二人も大切なスタッフです。

腰痛で無理な仕事があるのなら、何かでカバーしていくべきだと思います。

今のところ、その何かがないので

人間関係にできたヒビは大きくなるばかりです。

ただ、私の場合

調理よりも掃除やシーツ交換をしてうろうろしていた方が楽なので

Aさんのような調理専門はありがたいです。🤩

人はいろいろですね。


前の職場の@さん

この@さんもかなりひどい腰痛もち。

筋金入り。

時々見るに堪えない姿勢で歩いていることがありました。

そんな時、すぐに

腰やっちゃったのね😁

とわかります。

先の二人と違って、調子の良し悪し関係なく仕事をどんどんやっていたし

整体に行くなどの努力も知っているし

悪く言う人は誰もいませんでした。

みんな@さんが好きでした。

このように腰痛が原因で介護職は続けられないということはなさそうですが

ひどい腰痛は@さんのように余程の人間性を持ち合わせていないと

人間関係にひびが入ります。


二つ目はストレッチ

私の対策 寝る前のルーティーン二つ

1.ボールでマッサージ

直径10センチほどの固めのボール

寝ころんだらお尻の下にあて、体重でマッサージしています。

気持ちいい😁

テレビで観た方法。

何の番組だったか忘れましたが、番組ではソフトボールを使っていました。

2.インナーマッスルをゆるゆるに

ピンクはクッション

かなり固めのクッションを入れて、

テレビを観ています。

大腰筋か腸骨筋かわからないけれど

リラックスできて気持ちいい😁

仕事の合間、休憩にストレッチ

整体の先生に教えてもらったストレッチ。

椅子に座れた時にすることが多いです。

左足 (大腿部)の上に、右足首をのせ股関節を開く。

そのまま前屈。

もちろん反対足も。

テレビCMで俳優さんがやってるの見たことあります。

背筋をのばして、頭を遠くにするのがコツですね。

🤹🏼‍♀️ 🤹🏼‍♂️ 🤹🏼‍♀️ 🤹🏼‍♂️ 🤹🏼‍♀️

筋力をつけるために運動もするといいのはわかっているけれど、楽しみのためのエクササイズには通えても、筋力目的のジムは続きませんでした。

整体も続きませんでした。痛みのひどい時だけお世話になっています。

おまけ 80歳の母の対策

母は女性のための体操教室に通っています。

この体操教室で日々、肥満と筋力維持のため闘っています。

肥満に効いているかは定かではありませんが、

元気なので体操の効果はあるようです。

あと一つ、母の最強アイテム

いとこのPちゃんが勧めてくれたものです。

AKILEINE レッグジェル

興味のある方は、アキレーンレッグジェルで検索👆🏼

このクリーム値段もいいですが、

効き目もかなりいいようです。

旅行好きの母の必需品となっています。

このクリームのおかげでたくさん歩けたと言っています。

まとめ

体力勝負の介護職。

長く続けていくためには

自分の体の癖をつかむことが大切ですね。

私の場合

午前中 シーツ交換

午後  レクリエーション  調理

という1日はかなりハードで、調理中に座ってストレッチしないと腰がつらくなってきます。

それどころか、翌日まで疲れが残ってしまいました。

 🙄年を取るってこういうこと?

というわけで、1番の腰痛対策は

午前中のシーツ交換の代わりに入浴介助を入れてもらったり、

合間に事務の仕事を入れてもらったりすることです。

腰痛の引きがねは、人によっても違うと思います。

わがままにならないように周囲にも理解してもらえるような働き方をしたいと思います。

ながせ
ながせ

サボりにならないように気を付けましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました